主夫の弁当箱

簡単に出来るレシピを料理好きの主夫が週1〜2回のペースで紹介して行きます。

鯛めし

 こんばんは。今回は鯛めしです。前回は鮭水煮缶の炊き込みご飯でしたので、ある種応用編みたいなもんですね。(^^;

 今までの水煮缶を使った炊き込みご飯との違いは、「具に味が付いてないこと」。

これに尽きます。「とりあえず缶詰の汁を具を一緒に放り込んで、だし醤油と日本酒に適量の水(ベジブロス)を加えて炊く」だったのですが、今回はそうは行きませんでした。(^^;

 でも、「出来るだけ近い方法論で作れないか?」と考えました。今回鯛めしを作るに至ったのは、嫁さんが買って来てくれた鯛の切身でした。3切れあったので、2切れを煮つけ(こちらは電子レンジで作りました)にして、残り1切れで鯛めしを作ることにしました。

 今回はCOOKPADでこちらの記事を参考に作ってみました。(はあちゃんmamaさんありがとうございます。たいへんおいしゅうございました。<(_ _)>)

cookpad.com

  実際に作ってみたのがこちらです。自分なりに少々アレンジしましたので、そのへんは次回作った際にアップしてみることにします。

f:id:amagasaki820:20200724160342j:image

 

鮭水煮缶の炊き込みご飯

 こんばんは。今回は鮭水煮缶の炊き込みご飯です。缶詰を使った炊き込みご飯は、いわし水煮缶で試したことがあったのですが、他の缶詰では試したことがありませんでした。たまたまスーパーで見かけた鮭の炊き込みご飯の素を見かけて、「これなら鮭水煮缶でも出来そうだな」ということがきっかけで作りました。

f:id:amagasaki820:20200628212536j:image

 【材料:3~4人前】鮭水煮缶:1缶、しめじ:1/2袋、生姜:薄切り3枚程度、米:2合、だし醤油:大さじ1杯、日本酒:大さじ1杯

【レシピ】

  1. しめじは石附を取ってばらしておく
  2. 生姜が千切りにしておく
  3. 米を研いでおく
  4. 炊飯器に3.を入れ、日本酒・だし醤油・鮭水煮缶の缶汁を加え、2合分の水量になるように水を入れる
  5. 1.と2.と鮭水煮缶の具を炊飯器の中に入れる
  6. 炊飯器をセットし、普通に炊く
  7. 炊き上がったら、かき混ぜて10分程蒸らす

 以上で出来上がりです。ほとんど炊飯器まかせなので簡単に出来ます。炊飯器に炊き込みご飯モードがあれば、そちらを使ってもらっても大丈夫です。

 今回は水の代わりにベジブロスを使って炊いてみました。これはこれで美味かったので、事前に用意出来るようであればオススメです。

鮭水煮缶のポテトグラタン

 こんばんは。新しく開発した(!?)レシピはあるにはあるのですが、なかなか記事としてアップ出来ずにいます。<(_ _)>

 今回は鮭水煮缶のポテトグラタンです。スピンオフ的になりますが、グラタンソースをおぼろ豆腐と豆乳と鮭水煮缶汁に置き換えた「鮭水煮缶のポテト豆腐グラタン」に関しても言及します。

 今回のレシピのきっかけは、義母から送ってもらったジャガイモと玉葱です。これらの食材を使って何か作ってみようといううちの一つになります。

 では、材料とレシピに移ります。

f:id:amagasaki820:20200707200146j:image

 【材料:2人前】ジャガイモ:小4個、玉葱:小1個、鮭水煮缶:1缶、グラタンソース缶:1/2缶、牛乳:50cc(お好みで量は調節して下さい)、スライスチーズ:2枚

【レシピ】

  1. ジャガイモは皮を剥いて、電子レンジで600W2分程度加熱する
  2. 玉葱は銀杏切りにして、油を引いたフライパンできつね色になるまで炒める
  3. グラタン皿に1と2を入れる
  4. 鮭水煮缶の中身を3に加える
  5. 鍋にグラタンソースと牛乳と缶汁を入れて中火で加熱して軽く馴染ませる
  6. 5を4にかけてチーズを乗せ、オーブントースターで5分~7分程度焼く

 以上です。画像ではかけていませんが、パセリ(粉末)をかけてやるのも◎かと思います。

 なお、グラタンソースの代わりに、おぼろ豆腐1丁と缶汁と豆乳30ccを使ってやると、豆腐グラタンになります。

 鮭水煮缶は日本水産の「銀ざけ水煮」を使いました。安くて美味いのでオススメです。

www.nissui.co.jp

 是非一度お試し下さい。<(_ _)>

パプリカの肉詰め(?)

 こんばんは。今回はパプリカの肉詰め(?)を作りました。「(?)」が付いているのは、鶏ミンチ肉に木綿豆腐と玉葱を混ぜてタネにしたからです。(^^;

 そういう意味では、純粋に「肉詰め」ではないですね。(^^;

 豚ミンチ肉でも牛ミンチ肉でも問題ないのですが、ここは敢えてヘルシーに仕上げることで、鶏ミンチ肉に豆腐を合わせてみました。

 この画像ではチーズを乗せています。焼いた後に皿に乗せ、余熱で溶かしています。さらに、トマトケチャップをかけていただきました。

 以下はレシピです。

f:id:amagasaki820:20200628201038j:image

 【材料:2人前】パプリカ:2個、鶏ミンチ肉:小1パック、木綿豆腐:小1パック、玉葱:小1個、スライスチーズ:2枚、白ワイン:大さじ3杯、トマトケチャップ:適量

【レシピ】

  1. 玉葱をみじん切りにする
  2. 木綿豆腐の水分を切っておく
  3. ボールに1と2を入れ、鶏ミンチ肉を加えてよくこねる
  4. パプリカを半分に切り、種を取っておく
  5. 4に3をしっかりと詰める
  6. フライパンに油を引き、肉の面を下にして5.を乗せて蓋をする(中火)
  7. 5分程度焼いた後、白ワインを加えて、さらに5分蒸し焼きにする
  8. 皿に乗せ、半分に切ったスライスチーズを乗せ、余熱で溶かす

 以上です。パプリカに詰める前に、タネの水分はよく取っておくことをオススメします。(豆腐をキッチンペーパーでくるんで、電子レンジで1分半~2分程度加熱してやるといいです)

 普通の肉詰めもいいですが、お腹にやさしいのでオススメです。是非一度お試し下さい。

ベジブロス米粉カレー

 こんばんは。今回はベジブロス米粉カレーです。以前、ベジブロスを使ってカレーを作ったことを記事にしました。

mens-lunchbox.hatenablog.jp

 このときは、まだ緊急事態宣言が出ていた頃で、たまたま米粉カレールーが入手出来ませんでした。そこで、ハウス食品のジャワカレーを使って作ってみました。

 もちろん、これはこれで美味しいのですが、「お腹にやさしい」という点では、(個人的意見ですが)オリエンタルカレーの米粉カレールウ(オリエンタルカレーでは「ルウ」と表現してますので、そのまま表記しました)に勝るものはないと考えています。

 この画像がベジブロス+米粉ルーで作ったカレーです。

f:id:amagasaki820:20200628192141j:image

  今回のカレーについては、オリエンタルカレーの米粉ルウに書かれている分量に沿って作りましたので、ここでレシピについて敢えて書きません。

 ルーの袋半分(3皿分)作りましたので、ベジブロスの量は425cc使いました。具については以下の通りです。

  • 茄子
  • ゴーヤ
  • ジャガイモ
  • 加賀太きゅうり
  • 人参
  • 玉葱
  • しめじ
  • 南瓜
  • むきエビ

 ということで、ほぼ野菜カレーです。具材もありますが、ベジブロスのおかげでさらにやさしい仕上がりになっています。是非一度お試し下さい。

加賀太きゅうりチャンプルー

  こんばんは。今回は加賀太きゅうりチャンプルーです。たまたま近所のスーパーで加賀太きゅうりを売っていたので購入しました。

 普通のきゅうりと違って、煮たり炒めたりと加熱することを前提にしている向きがあります。実際、加賀太きゅうりが入っている袋にもそのように書かれています。

 以前、このブログでも加賀太きゅうりを使ったレシピをアップしてました。

mens-lunchbox.hatenablog.jp

 今回はたまたま手元に加賀太きゅうりがあったので、「ゴーヤの代わりに使ってみたらどうだろうか?」という発想で作ってみました。

 これが意外とイケるなと思ったので、今回レシピを書いてみることにしました。作ってみたのがこちらです。

f:id:amagasaki820:20200520222112j:image

  こんな感じです。「何か既視感があるな」と思っていたら、嫁さんが「ナーベラーチャンプルーに似てる!」と指摘してくれました。そうです、そうです。ナーベラーチャンプルーです。沖縄料理店で食べた記憶があります。(味や食感は違いますけどねw)

 後で触れますが、今回は加賀太きゅうりの他に、冷蔵庫の中にあったアスパラガスやピーマンを入れました。これは特に入れなくてもいいです。他に入れたい野菜があれば加えて下さい。

 ではレシピです。

【材料:2人前】加賀太きゅうり:1/2本、アスパラガス:3本、ピーマン:2個、木綿豆腐:1丁、豚コマ肉:1パック(150g程度)、卵:1個、醤油(だし醤油でも可):大さじ1杯、日本酒:大さじ1杯、塩・コショウ:少々

【レシピ】

  1. 加賀太きゅうりは皮を剥いて、薄切りにしておく
  2. アスパラガスとピーマンは一口大に切っておく
  3. 木綿豆腐は一口大に切り、キッチンペーパーに包み、電子レンジで600W2分加熱
  4. 油を引いたフライパンで豚コマ肉を炒める
  5. 1と2を加えてさらに炒める
  6. 日本酒と醤油を回しかける
  7. 卵を溶き入れる
  8. 最後は塩コショウで味を調える

 以上です。もし、加賀太きゅうりが入手出来たら一度お試し下さい。

ベジブロスでカレーを作る

 こんばんは。今回はカレーです。過去にもカレー関連のレシピは書いたことがありますが、今回はベジブロスを使ってカレーを作ってみました。

 昨日、ベジブロスに関する記事を書きました。こちらです。

mens-lunchbox.hatenablog.jp

 ベジブロスについては、上記記事を参照下さい。野菜クズで取った出汁を使ってカレーを作りましたが、単にカレールーに書いてある手順に沿って作っただけですので、そこに特に工夫はないです。(^^;

 今回使用したのは、ハウス食品ジャワカレーを使用しました。普段使っているオリエンタルカレーの米粉ルーが入手出来ませんでした。(自粛要請の影響を受けて、普段買っている店が休業していました)

 次回はオリエンタルカレーの米粉ルーでも試してみようと思います。今回はジャワカレーの中辛を使い、野菜中心のビーフカレーにしました。(ベジブロスを作るためという事情もありますが(^^;)

 ジャワカレーのレシピに沿って作ってみました。ルーを1/2箱分使いましたので、必要な水(この場合はベジブロスの量)は700ccと書いてありました。そこで、ベジブロスは700cc分用意しました。(実際に用意したベジブロスは1リットルですので、スープにしました)

 今回作ってみたカレーは以下の画像になります。

f:id:amagasaki820:20200517154436j:image

  「コクがあって美味い!しっかり野菜の出汁が出てる!」という嫁さんからのお褒めの言葉をいただきましたw

 普段のカレーに比べて深みがあるような気がしました。今回は試していませんが、御飯を炊く際もベジブロスを使ってみると違うかもしれませんね。

 米粉ルーでのベジブロスカレーは近いうちに試してみます。<(_ _)>